歯周病とタバコ(喫煙):歯周病予防のために歯周病とタバコ(喫煙)を解説

トップページ > 歯周病になりやすい人 > 歯周病とタバコ(喫煙)

歯の痛みが無くなりました!
自分でできる歯周病改善の4つのステップ
歯を気にせず好きな物を食べられる事って凄く幸せです
えっ!最短3日で口臭を消滅させる?
20年間苦しめられた口臭の悩みが改善に向かうなんて信じられません!他にも喜びの声殺到中。

歯周病とタバコ(喫煙)

タバコには有害物質が含まれており、肺や心臓に害をもたらすことは有名です。それらの有害物質は歯の周りの組織にも害をもたらすと言われています。

タバコを吸うと

歯ぐきの血の巡りや免疫機能が低下する
タバコを吸わない人に比べて歯石が付着しやすい

などと歯周病になりやすい原因があります。

血液の流れが悪くなれば酸素や栄養が届かなくなります。細胞の新陳代謝も悪くなるし、免疫機能が低下して歯周病菌におかされやすくなります。

またタバコのニコチンが血液の流れを悪くすることによって歯ぐきから出血しにくいとも言われています。つまり歯周病のサインが出にくくて気づいたときには歯周病がかなり進んでしまっている可能性があります。

歯周病予防のためにも禁煙をされてみてはどうでしょうか?

禁煙が無理な方は、歯周病の早期発見のためにも歯科医での定期検査を受けましょう。


« 歯周病と高齢者 | 歯周病になりやすい人 »

歯周病とタバコ(喫煙):歯周病予防のために歯周病とタバコ(喫煙)を解説しています。

 

Copyright(C)2005 歯周病予防で歯スッキリ(歯槽膿漏、歯肉炎、歯周炎) kachinokoritai.com All rights reserved