歯周病の進行:歯周病予防のために歯周病の進行を解説

トップページ > 歯周病の症状 > 歯周病の進行

歯の痛みが無くなりました!
自分でできる歯周病改善の4つのステップ
歯を気にせず好きな物を食べられる事って凄く幸せです
えっ!最短3日で口臭を消滅させる?
20年間苦しめられた口臭の悩みが改善に向かうなんて信じられません!他にも喜びの声殺到中。

歯周病の進行

歯と歯ぐきの間には溝があります。その溝のことを歯周ポケットと呼びます。健康な人でも歯周ポケットは約1~2mmほどの深さがあります。

歯と歯の間や歯周ポケットに歯垢歯石が付着すると細菌が増殖しやすくなります。歯周病菌の増殖によって歯肉炎になると歯ぐきが赤くはれたり、歯をみがいたときに血が出ることがあります。この段階で歯科医院にて受診して歯科医や歯科衛生士に歯垢や歯石を取ってもらうと良いです。さらに適切な歯みがき方法を習得しましょう。

歯肉炎になっても歯科医で受診しないで放置しておきますと歯ぐきの炎症が進行します。また歯周ポケットの溝が深くなります。歯周炎と呼ばれます。

歯周炎の初期には歯ぐきが赤くはれたり、歯みがき時にはいつも血が出るようになります。

中期の歯周炎になると歯ぐきがプヨプヨしてきて膿が出てきたり(歯槽膿漏)、歯がぐらぐらしたり歯ぐきが下がってきて歯が長く見えるようになります。膿がでるため口臭も気になり始めます。

末期の歯周炎になると歯を支えている歯槽骨がほとんどなくなって歯を支えられなくなってしまいます。歯がグラグラになって最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病予防はいかに早く気づいて治療するか、なる前から定期的に歯科検診をすることが大切です。手遅れにならないうちに歯科検診をすぐにでも予約しましょう。


« 歯垢(プラーク)とは? | 歯槽膿漏とは »

歯周病の進行:歯周病予防のために歯周病の進行を解説しています。

 

Copyright(C)2005 歯周病予防で歯スッキリ(歯槽膿漏、歯肉炎、歯周炎) kachinokoritai.com All rights reserved