歯の構造:歯周病予防のために歯の構造を解説

トップページ > 歯周病の症状 > 歯の構造

歯の痛みが無くなりました!
自分でできる歯周病改善の4つのステップ
歯を気にせず好きな物を食べられる事って凄く幸せです
えっ!最短3日で口臭を消滅させる?
20年間苦しめられた口臭の悩みが改善に向かうなんて信じられません!他にも喜びの声殺到中。

歯の構造

歯は歯ぐきから見える部分を歯冠、歯ぐきの下で目に見えない部分を歯根と呼びます。歯ぐきのことを専門的には歯肉と呼びます。歯ぐきは歯を支えるだけでなく、細菌などが体内に侵入するのを防いでいます。歯ぐきにも毛細血管がたくさんあって守ってくれています。

歯を支える歯槽骨と呼ばれる骨があります。歯周病が進行してくると歯槽骨がやせてきて歯を支えられなくなってきます。最終的には歯周病が原因で歯を失ってしまうわけです。

歯は標準で28本あります。「8020運動」とは80歳になっても20本以上自分の歯を残そうという運動です。自分の歯で生涯楽しめるように歯周病予防を心がけましょう。


« 歯周病自己チェック | 歯石とは? »

歯の構造:歯周病予防のために歯の構造を解説しています。

 

Copyright(C)2005 歯周病予防で歯スッキリ(歯槽膿漏、歯肉炎、歯周炎) kachinokoritai.com All rights reserved